PCCグループがめざすもの、それはトータルメタル・コンポーネンツ・ソリューションです

Permaswage(パーマスウェージ)

TOP > 製品情報 > Permaswage(パーマスウェージ)

航空機の流体配管接続システムで絶大な信頼

PERMASWAGE 製品

PERMASWAGE社は、Airdrome社、Nelson Aerospace社など、PCCにおいて航空機用流体配管継手(Fitting)を製造するPCC Fluid Fittingグループの中核企業です。
航空機に搭載される油圧システムの配管継手(Fitting)メーカーとして70年以上の歴史を持つPERMASWAGE社は、開発から約半世紀を経てもなお、今日の最新機種にも搭載されているPermaswage®、Boeing 787にも採用される高圧対応のPermaLite®をはじめ、可動部に使用されるSwivel Joint、同社最小のDME Fitting、AS/MS スタンダードFitting、など流体配管をつなぐあらゆるFittingとこれを施工するToolを製造しています。

PCCディストリビューション・ジャパンは、PCCグループ企業として、PERMASWAGE製品をはじめとしたPCC Fluid Fittingグループ製品の販売とサポートを行っております。

Permaswageの特徴

1960年代に技術提唱された360度外周方向からのカシメ(Radial Swage)を行うPermaswage Fittingは、大型商業旅客輸送機や軍事輸送機、ビジネスジェット機から主要回転翼機にわたり、数多くの機体において、油圧配管継手メインシステムとして、今日も採用され続けています。
Permaswage継ぎ手は、一般的な航空機向けの金属配管材各種に適合し、AS18280やAS4459等の規格に準拠し、オペレーションプレッシャー最大4,000psiまで対応します。
MRJの油圧配管継手メインシステムです。

PermaLiteは、縦方向にスライドしたリングが本体に勘合することによりスエージ(Axial swage)を行う、より高圧のオペレーションプレッシャーに対応するため開発された製品です。
施工後のスエージ部分が常時リングで保持されている構造から、5080psiオペレーションプレッシャーを採用するBoeing 787、Airbus A350XWBなどにも採用されています。

DMC Miniature End Fittingは、PERMASWAGE社最小の軽量コンパクトなFittingシステムです。AS1581、MS33514との互換性があり、従来のAS /MS品と比較して、より簡単確実な施工方法でありながら高い耐久性を持つ製品です。
MRJ、F-35にも採用され、機体軽量化に貢献しています。

導入事例

資料請求・環境シートのご依頼など
お気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP