PCCグループがめざすもの、それはトータルメタル・コンポーネンツ・ソリューションです

ネットワーク機器筐体-キャプティブ・パネルスクリュー MAThread 位置ずれ補正

TOP > 導入事例 > ネットワーク機器筐体-キャプティブ・パネルスクリュー MAThread 位置ずれ補正
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PEM PF11MW フローティングパネルファスナーはPF11シリーズの3倍ものフローティング機能を持ち、ねじ先端のMAThreadは斜め挿入時の位置ずれ補正と同時に取り付ける板の種類や場所を大きく広げることができました。

 画像をクリック»»»PF11MWファスナーの取り付けアニメーションをご覧になれます。
SmartPhone_casing.jpg
PF11MW_MAThread.jpg   PF11MWパネルファスナー取り付けアニメーション

MAThreadねじの特性は想定外のピッチずれ等において、
斜め挿入の可能性がある場面においても、そのMAThread Point (先端部)が誘導・補正し、
正常なねじ締めを導きます。

 導入事例の製品詳細はこちら  

 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資料請求・環境シートのご依頼など
お気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP